アンボーテフェミニーナウォッシュで洗顔したあとのかさかさ感がなく
かえって肌がしっとりしていると感じています。私を含めて多くの方々の感想です!!
もちろん危険な使い方ではありません。当然副作用成分など入っていません。ご安心ください。

アンボーテフェミニーナウォッシュを洗顔用として使って大丈夫?って心配!!

アンボーテフェミニーナウォッシュは赤ちゃんの敏感なお肌でも使えるくらい、
オーガニックにこだわって作り上げられています。
ですので、肌にやさしく、唇のも安心して使えるソープです。

他の良い化粧水と同様に
洗顔後の保湿効果もあって
かさかさ感がなくかえって肌がしっとりしていると感じています。
私もやってみましたが多くの方の感想です。

洗顔用せっけんに求められることとは何かしら?

洗顔料にはいろいろなタイプがあります。
代表的なのは、洗顔石鹸ですが、クレンジングオイル、クレンジングミルクなど、

様々な形状の洗顔料があります。

肌質によっても向いている洗顔料が違います。

肌質は、年齢やホルモンバランスの影響で変わることもあります。
自分の肌質にあった洗顔料を選ぶことはとても大切です。

特に陰部は、デリケートゾーンと呼ばれているのは
皮膚が他のからだの部分に比べて薄く作られています。
そのため、刺激にとっても弱いのでデリケートな
ゾーンなんて呼ばれ方をするのですね。

顔用の化粧品も低刺激に抑えて作られているのですが、
陰部用と比べれば配合されている成分が異なってきたりします。
代表的な成分でいえば肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンなどが代表的です。

ハイドロキノンは肌を白くする効果は高いですが、刺激が非常に強いのが特徴です。
そのため、皮膚の薄い陰部につけることで肌に刺激を与え、メラニンが生成される原因にもなっています。
ハイドロキノンを含む洗剤を使うと結果、黒ずみを悪化させる原因になってしまうのです。

顔用の化粧品でも確かに効果は期待ができるはずです。
ただ、陰部に付けるように成分を考えて配合をしている訳ではないので黒ずみを悪化させてしまう可能性もあります。

顔とあそこの肌の違い?

女性器はヒダがいっぱいあって、とても複雑な形をしています。
綿棒を使わないと取れないような場所にアカが溜まっていることもありますし、
毎日チェックしていれば“たるみ”“ゆるみ”“黒ずみ”といった変化にいち早く気づけます。
(女性医師の臨床研究の見解より)

ご自分の陰部は怖くてとても見られないという方もいらっしゃるようですが、
女性器も自分のカラダの一部です。
顔と同じくらい関心を持って見てあげてください。

このように、アンボーテフェミニーナウォッシュは
赤ちゃんの敏感なお肌でも使えるくらい、オーガニックにこだわりました。肌にやさしく、安心して使えるソープです。

ですのでデリケートゾーンのために開発されたアンボーテフェミニーナウォッシュを洗顔用として使って大丈夫なのです!

洗顔用せっけんに求められることとは?

では、洗顔用せっけんの例でお話ししますね。
洗顔料にはいろいろなタイプがあります。 代表的なのは、洗顔石鹸ですが、クレンジングオイル、クレンジングミルクなど、様々な形状の洗顔料があります。 また、肌質によっても向いている洗顔料が違います。

肌質は、年齢やホルモンバランスの影響で変わることもあります。
自分の肌質にあった洗顔料を選ぶことはとても大切です。

顔用の石鹸でお話をしてきましたが、話を戻して
陰部がデリケートゾーンと呼ばれるのは皮膚が他のからだの部分に比べて薄く作られている為です。
そのため、刺激に弱くなっているのでデリケートゾーンなんて呼ばれ方をするのですね。

顔用の化粧品も低刺激に抑えて作られているものの、
陰部用と比べれば配合されている成分が異なっていたりします。

そのことも含めてアンボーテフェミニーナウォッシュが開発されました。

赤ちゃんの敏感なお肌でも使えるくらい、オーガニックにこだわりました。肌にやさしく、安心して使えるソープ、アンボーテです。

洗顔石鹸と浴用石鹸の違いとは?

石鹸を用途で分類すると、
「身体用」「身体以外用」「工業用」に三分類され、
身体に直接用いる「身体用」は薬機法(薬事法)の規制をうけます。
このことを知っていると役に立ちますね。

そして、身体用の固形石鹸は、一般に「化粧石鹸」と総称して呼ばれています。
そして、さらにその内訳を見ますと、
「洗顔石鹸」「浴用石鹸」「薬用石鹸(含むデオドラント石鹸)」などが含まれています。
また、場合によっては「洗顔石鹸」と「浴用石鹸」を
ひっくるめたものを「化粧石鹸」と呼んだりします。
実に分かりにくいですね。

・化粧石鹸に”液体もの”は入らない??
このように、石鹸の名前はなかなか一筋縄ではいきません。
おまけに、形態からみると、この分野では、
液状のボディー・シャンプーや練り状の洗顔フォームなど、
さまざまな製品が増えてきていますから。

「石鹸」というイメージで、ひと括(く)りにしにくくなってきましたが、
液体のボディソープや練り状の洗顔フォームなどは「化粧石鹸」には含まれません。

正しい理解とトラブルを防ぐには、薬機法(薬事法)で言われている
「化粧石鹸」は「固形石鹸」をさすものだからなんです。

薬用石鹸は「医薬部外品」ですよ!

薬機法(元の「薬事法」)では、一般の化粧石鹸は「化粧品」に該当し、
一定の効能をうたうことができる「薬用石鹸」は、「医薬部外品」に該当します。

「薬用石鹸」には、殺菌剤を配合しており、
菌を殺菌し消毒する「殺菌石鹸」(デオドラント石鹸)や、
皮膚の炎症を抑える成分を配合した「薬用石鹸」があります。

これらの製品には、いずれもそのパッケージに「医薬部外品」の表示をしています。
「薬用石鹸」では、「固形」のもの以外に、「液体」(乳液状も含む)もあり、
たとえば薬用ハンドソープでは、「固形」のものと、
ポンプを押して使う「液体」のものがあります。

そこで、気になるアンボーテウォッシュは、

子供にも安心して使用できるソープにするために成分をオーガニックになっています。
普通のソープは””水””が一番多く配合されていますが

アンボーテフェミニーナ
化粧水に配合されている””ダマスクローズ水””を一番多く配合しているため
「化粧水で体を洗う」とても贅沢な商品です。

薬用でも洗い方が肝心!

薬用も、もともと病院などの業務用では普及していたのですが、
一般家庭用に広まったのは、病原性大腸菌O-157 の対策として、
手洗いが重要視されるようになってからといわれています。

ただし、薬用石鹸さえ使えばいいというのではなく、
要はていねいに手を洗うことこそが肝心です。

これをデリケートゾーンで使うと刺激が強くかえってお肌を痛めてしまいます。

デオドラント石鹸とは?

「殺菌石鹸」は、殺菌剤を加えた製品で、
菌の殺菌・除去によって汗や皮脂を分解して、
体臭をもたらす菌の生育を抑えることから「デオドラント石鹸」とも呼ばれています。

これらは、身体や汗のニオイを防ぐ効果があります。

液体石けんと固形石けんの違いとは?

液体石けんも固形石けんも、汚れを落とすという役割は同じなんですよ。
原料となる油やアルカリ成分を選ぶことによっていろいろな石けんが作れるんです。

固形石けんと液体石けんでは、”その形にするためにちょっと違う原料”を選んでいるんです。
ですから、固形石けんを水に溶かしても液体石けんはできません。

使いやすさや好みによって固形と液体を使い分けてね。

石けんや洗剤はなぜ泡がたつの?

透き通ったボトルに水だけを入れてふると泡が立つけど、すぐ消えてしまいますよね。
でも、その水に石けんや洗剤を溶かすと、泡が立ちやすくなかなか消えないですね。

これは界面活性剤が水の表面張力(ひょうめんちょうりょく)を弱くしていることと、
泡の膜に界面活性剤が並んで膜を強くしているからなんです。

普段見慣れている水滴って丸いですよね。
これは水が表面張力という、表面積を小さくしようとする力を持っているからなんです。
石けんや洗剤を溶かすと表面張力が弱くなり、
水が丸くならずに表面積が大きい膜になりやすいんです。
だから、泡が立つんです。
水と石けんや洗剤がいっしょになると、もともとの水の性質が変わるんですね。

洗剤が泡立つと、どれほど汚れ落ちが良くなるのでしょう?

ハンドソープとファンデーションを使った実験をしてみるとよ~くわかります。
布に、液体のままのハンドソープをかけた方は、ファンデーションの変化なし。

しかし、泡状のハンドソープをかけた方は、
みるみるファンデーションが溶けていき、分解されています。
洗剤は、泡にした方が汚れに効果的なことがわかります。

これがアンボーテを泡にして製品化した理由(わけ)なんです。
ですから、ゴシゴシこすることなく
泡の力を借りるようにデリケートゾーンに優しく泡をぬりましょう。

 

泡で汚れを浮かせるんですか?

石鹸や洗剤は、界面活性作用(油脂と水を混ぜ合わせる力)で
汚れを石鹸水(洗剤水)に溶かして落とします。

ですが、
それとは別に、泡にも汚れを対象物から吸い出すように剥(は)がし取り、
包み込む作用があります。

洗顔、網戸洗い、カーペットの染み抜きなどでは泡をぬりつけて汚れを浮かせ、
汚れを含んだ泡ごと洗い流したり拭き取ったりして洗浄します。

ただし、余談ですが、
洗濯機や洗い桶、たらいに石鹸液を溜めてそこで洗うようなときは、
泡の汚れ落とし能力はそれほど期待できません。

複雑な形状の繊維にしっかりくっついた汚れを浮かせるほど泡の力は強くありませんし、
石鹸水に沈んだ洗い物は泡に触れていないからです。
このようなときに汚れを落とすのは「泡」ではなく、石鹸液の持つ「洗浄力」です。

「気泡」と「泡沫(ほうまつ)」の違いってな~に?

日本語で「泡」と呼んでいるものには、実は2種類あります。
「気泡」と「泡沫(ほうまつ)」です。

気泡は「液体によって気体が閉じ込められた状態」で、
英語ではバブル(bubble)と呼びます。

そしてその気泡が沢山集まった状態が泡沫。
英語ではフォーム(foam)と表現されます。

具体的には、シャボン玉はバブル、
洗顔用に泡立てたクリーム状の泡はフォーム。

似たような感じですが、
コップに注いだビールからシュワシュワと湧き上がるのがバブル、
それが集まってビール表面をおおう白い泡の層になったものがフォーム、
ということです。

ところで洗濯機で石鹸をかき混ぜるとできる気泡は、
なぜすぐ消えずに泡沫になるのでしょう。
それは、石鹸の「界面活性作用」と洗濯機の「物理的な力」に理由があります。

洗顔と乾燥肌

年齢にともない空気の乾燥で、皮ふの「バリア機能」が低下し
人によっては、また年齢によっては皮脂の分泌が減り、
水分を保つ力も低下するため、乾燥肌になりがちです。
そのため、デリケートゾーン用保湿美容ソープ「アンボーテ」は、保湿に着目して開発されています。

乾燥して、きめが粗くなった皮ふは、
細菌・真菌、ほこりなどから体を守る「バリア機能」が失われた状態です。
外部からの刺激によって、湿疹・かゆみなどが起こりやすくなっています。

体力低下や生理、疾病も要因になります。
皮ふのバリア機能の低下だけでなく、
体力や抵抗力の弱さ、特定の病気や薬物が皮ふトラブルを引き起こすこともあります。

オーガニックの保湿ケアにこだわった

アンボーテフェミニーナの公式サイト ⇓ で確かめて見る。